新築と中古のどちらがマンション経営に向いているのか

マンション経営で安定的な収入を得るには利回りから物件を選ぶ必要があります。一般的に不動産投資で理想の利回りは10〜15%、15%の物件なら合格と言われています。

明石の注文住宅の情報を求める人におすすめのサイトです。

それから立地や間取り、設備や構造などをチェックしながら購入する物件を絞っていきます。


新築物件を購入していては10〜15%の利回りを達成するのは難しいので、中古物件が人気となっている理由でもあります。

練馬区の新築一戸建て情報選びをサポートするサイトです。

特にサラリーマンの資金では新築物件に投資する費用をつくるのはそれほど簡単ではありません。

ですから、初心者は中古物件がちょうどいいのです。

基本も充実した売りたい不動産に関する特集が満載です。

ただ、新築マンション経営にも魅力があります。


まず、新築はしばらくの間はリフォームが必要ないのでメンテナンス費用を節約できます。費用を節約した分、家賃収入で他の物件の購入資金に使えたり、会社経営者なら他のビジネスにまわすことも出来ます。

加古川に新築一戸建ての情報をまとめました。

また、中古のようにそれほど値下がりの心配がありませんから、空室対策のために家賃を下がるリスクを抑えられます。

神奈川の賃貸住宅建設の情報が更新されています。

最新の設備も整っているので、入居者を募集するために設備や仕様を変更する手間も省けます。

https://matome.naver.jp/odai/2146673390241140601

金融機関から融資を受けやすいのも新築物件の方ですし、金利の面でも有利になります。

http://www.kyodonews.jp/feature/category01/2008/11/post_47.html

ですから、長期で安定的なマンション経営を目指すなら新築を、投資資金が少ない方には中古物件が向いていると言えます。中には中古マンションで得た家賃収入を頭金にして新築物件を購入しているオーナーもいらっしゃいますし、不動産投資中級者以上の方に新築は人気です。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/4917378.html

関連リンク

  • マンション投資セミナーはとても人気があります。投資セミナーに参加することで、投資に関する様々な知識を効率的に得ることもできます。...

  • マンション経営をする時には、まずは置かれた状況を的確に把握するべきです。具体的には、借金をしてマンションを建てたのか、自己資金なのか、土地は自前かどうかなどです。...