資産価値を維持するためのリフォームしやすい家

価格競争下にある新築住宅に比べて、中古住宅のほうがはるかに高性能な物件がたくさんあるのが事実です。
ただし、当然ですが、すべてが良い物件だと言い切ることはできません。
気をつけたいのは、購入後に予想以上の修繕費用がかかる家です。
購入前にホームインスペクションを行いリフォームや修繕費用がどれくらいかかるかを把握することが重要ですが、ではいったいどれくらいのリフォーム費用なら妥当といえるのでしょうか。


目安は、床・壁などのクロスの張り替えとキッチン・バスなど水回りを替える内装のみのリフォームなら300万円まで、外壁などを含めると500万円までだというのが専門家の意見です。それ以上かかるということは、おそらく構造体の補強も伴うということになり、かなり老朽化が進んでいる住宅だと考えられます。

見えない部分のリスクも考慮すると、むしろ建て替えたほうが安く上がる可能性が高いでしょう。


リフォームしやすい家、しにくい家があり、将来的な使い勝手を考えても、しやすい家を選ぶようにしたほうがいいでしょう。
建物の形としては凹凸がない四角形に近い形が、構造上安定しているのでリフォームがしやすいといえます。

ほかにも、車いすに対応することができる広めの玄関や、二世帯住宅にも変更することができるような間取りの家は老後に対応しやすいので、応用性が高いといえるでしょう。

また、プレハブ工法なら、間取り変更などの自由度は高いといえます。





箕面市の土地の情報を要約した情報サイトです。

神戸の新築情報を見付けていただくため、様々な情報を集めました。

今までに培ったノウハウを活かし、群馬の新築一戸建て情報はこのサイトにおまかせ下さい。

https://allabout.co.jp/gm/gc/44129/

http://www.sankei.com/west/news/150812/wst1508120012-n1.html

https://4meee.com/articles/view/872258

関連リンク